1. HOME
  2. サービス
  3. マテリアルサイエンス
  4. 自動車・輸送機器
  5. カーエレクトロニクス
  6. ガス腐食試験

ガス腐食試験

温度、腐食性ガス等の環境負荷を試料に指定時間与えて耐久性を調査します

車載電子機器は使用環境の多様性から、温度・湿度、振動・衝撃、特殊環境(塩水、混合ガス腐食、耐塵)、各種薬品等への耐久性が求められます。ガス腐食試験は使用時の大気環境を模擬するため、危険性の高い硫化水素、二酸化硫黄、二酸化窒素、塩素の腐食性ガスを混合させ暴露することで、車載電子機器の品質・信頼性を確認します。また、温度、湿度を調整し、加速試験を加味した条件下で試験を行います。

試験可能なガスの種類
硫化水素ガス(H2S) アンモニアガス(NH3)
二酸化硫黄ガス(SO2) オゾン(O3)
二酸化窒素ガス(NO2) 硫黄ガス
塩素ガス(Cl2) 混合ガス(H2S,SO2, NO2, Cl2)

ガス腐食試験の「リモート立会サービス」について

信頼性試験では、試験開始前の試料設置状況(設置角度など)や実稼働状況の確認は試験の精度に関わる重要な項目です。リモート立会サービスは、テレワークや遠方からの移動が困難なお客様に、オンラインで試験前の試料設置状況や試験後の試料状況などの確認作業が可能になります。


詳細はこちらをご確認ください
●リモート立会サービス

温湿度サイクル、高温ガス腐食試験機

大型試料および多検体試料の同時試験が可能な大型ガス腐食試験を受託しています。

従来のガス腐食試験は一定の温度湿度条件で実施されていますが、腐食過程においては湿度により腐食の程度が大きく変わること、また屋外の昼夜寒暖差を踏まえ、特に車載電子機器の試験では温度湿度サイクルが重要視されてきています。当社保有の試験機の試験温度上限は80℃であり、昇降温度、昇降湿度共に従来機よりも早く試験条件の複合化、過酷化に対応可能な仕様となっています。※下表参照

フロー式ガス腐食試験装置
試験名称 単ガス試験
2~4種混合ガス
ガス濃度範囲 H2S 0.01~50ppm
SO2 0.1~50ppm
NO2 0.1~50ppm
Cl2 0.01~1ppm
温度範囲 25~80℃
湿度範囲 60~95%RH
温湿度サイクル試験 昇降温度:30℃/時間
昇降湿度:15%RH/時間
槽内寸法(単位:mm) W:440×D:500×H:500
対応試料質量(※) 5kg以内
ケーブル孔 2個

※試験槽内試料設置治具1つ当たりの耐荷重の目安です。

【フロー式ガス腐食試験装置】 【フロー式ガス腐食試験装置】

大型ガス腐食試験機

大型試料および多検体試料の同時試験が可能な大型ガス腐食試験を受託しています。

600Lの大容量容積(W:740mm、D:760mm、H:1,100mm)の試験機では、大型の車載部品(インバーター、エアコン、メーター等)をそのまま投入して試験できます。小型製品であればより多くの製品を一回で試験できるようになりました。耐荷重も80kgまで搭載できるようになり、重量物も試験可能です。また、通電動作させた状態で試験をおこなうことができ、不具合が発生するタイミングをリアルタイムで得ることができます。※下表参照

試験名称 シングルガス試験
2~3種混合ガス
シングルガス試験
2~4種混合ガス
シングルガス試験
2~4種混合ガス
装置名称 フロー式ガス腐食試験装置 フロー式ガス腐食試験装置 フロー式ガス腐食試験装置
ガス濃度範囲 H2S 0.1~25ppm 0.01~50ppm 0.01~50ppm
SO2 0.1~25ppm 0.1~50ppm 0.1~50ppm
NO2 0.1~10ppm 0.1~50ppm 0.1~50ppm
Cl2   0.01~1ppm 0.01~1ppm
温度範囲 25~50℃ 25~55℃ 25~65℃
湿度範囲 70~90%RH 70~90%RH 60~95%RH
温湿度サイクル試験     昇降温速:15℃/時間
昇降湿度:5%RH/時間
槽内寸法(単位:mm) W:500×D:500×H:700 W:440×D:420×H:440 W:740×D:760×H:1,100
最下段耐荷重 5kg ※ 5kg ※ 80kg
ケーブル孔 1個 1個 3個

※ 試験槽内試料設置治具1つ当たりの耐荷重の目安です。

各種試験条件に対応

各種JIS規格、IEC規格に準拠したガス腐食試験を実施できます。

規格番号 規格名称
JIS C 60068-2-42, IEC 60068-2-42 環境試験方法-電気・電子-接点及び接続部の二酸化硫黄試験方法
JIS C 60068-2-43, IEC 60068-2-43 環境試験方法-電気・電子-接点及び接続部の硫化水素試験方法
JIS C 60068-2-46, IEC 60068-2-46 環境試験方法-電気・電子-接点及び接続部の硫化水素試験-指針
JIS C 60068-2-49, IEC 60068-2-49 環境試験方法-電気・電子-接点及び接続部の二酸化硫黄試験-指針
JIS C 60068-2-60, IEC 60068-2-60 環境試験方法-電気・電子-第2-60部:混合ガス流腐食試験(試験記号:Ke)
JIS C 5402-11-7, IEC 60512-11-2 電子機器用コネクタ-試験及び測定-第11-7部:耐候性試験-試験11g:混合ガス流腐食
JIS C 5402-11-14, IEC 60512-11-14 電子機器用コネクタ-試験及び測定-第11-14部:耐候性試験-試験11p:単一ガス流腐食
JIS C 5445 電子機器用スイッチ-第1部:通則
JIS H 8502 めっきの耐食性試験方法
JIS K 6259-1 加硫ゴム及び熱可塑性ゴム-耐オゾン性の求め方-第1部:静的オゾン劣化試験及び動的オゾン劣化試験
ISO 16750-1 路上走行車-電気電子機器の環境条件及び試験-第1部:一般
ISO 16750-4 路上走行車-電気電子機器の環境条件及び試験-第4部:気候的負荷

その他の腐食性ガス試験(曝気試験、硫黄ガス試験)

曝気試験や硫黄ガス試験も実施できます。

曝気試験 酸やアルカリなどの試薬から発生する腐食性ガスを製品に曝露させる曝気試験が対応可能です。
硫黄ガス試験 硫黄粉から発生する硫黄ガスを製品に曝露させる試験が対応可能です。
規格以外の試験でもお客様のご要望に対して試験設計から実施しますので、先ずはご相談をお待ちしております。

技術事例

お問い合わせ

分析・測定や商品、コンサルティングなどのサービスに関するお問い合わせやご依頼は、お問い合わせフォームまたは電話・FAXにてお気軽にお問い合わせください。

受付時間
9:00 ~ 12:00 および 13:00~17:30(土日祝、年末年始、当社休業日をのぞく)
お電話
03-5689-1219
FAX
03-5689-1222