1. HOME
  2. 企業情報
  3. 品質方針と品質保証活動

品質方針と品質保証活動

「安全・健康・品質・環境に関する基本方針」および「全社品質方針」のもとに、各ラボラトリー、事業部門をはじめ全部門が品質保証活動を実施し、品質保証レベルの向上に努めています。

SCASの品質保証 SCAS 報告書 分析データ GLP/GMP 信頼性基準 ISO/IEC 17025 ISO 9001

1. 安全・健康・品質・環境に関する基本方針

当社は、分析および関連技術を通じて価値ある商品・サービスを提供することによって人と社会の発展に貢献することを使命とし、「人を大切にし、活力溢れる企業風土の醸成」、「お客様、社会からの信頼」を経営の基本理念として活動している。
この理念に基づいて、「安全をすべてに優先させる」ことを基本に、安全・健康・品質・環境に関し以下の事項を最優先事項として取り組む。

  • 無事故・無災害を継続し、当社で働くすべての人々と地域社会の安全を確保する。
  • 取扱い物質の安全性を確認し、お客様や従業員など、関係するすべての人々の健康の確保に努める。
  • お客様が満足し、かつ信頼性に優れた品質の商品・サービスを提供する。
  • 分析および関連技術の提供を通じて環境負荷低減に貢献すると共に、自らの事業に関わる環境負荷低減に努めることにより、環境保全に対する社会的責任を果たす。


全部門・全従業員は、この方針の重要性を認識し、コンプライアンスの徹底はもとより、継続的改善に努める。

2. 全社品質方針

当社は、最高の分析評価技術を通じて人類と社会に貢献する。
お客様への製品提供に際し、法令の遵守、公正かつ公明な取引、秘密保持、品質に関する社内規定を守り、お客様の信頼と満足を得る品質を提供する。
当社は、品質活動方針を定め、品質改善の取組みを計画し実施する。また、その進捗状況を継続的かつ定期的にレビューし、次期の品質活動方針、活動計画に反映させることによりPDCAサイクルを回して品質保証体制の維持、改善を図る。

3. 品質保証体制

全社品質委員会(社長を委員長とし、各ラボラトリー所長・事業部門長で構成)は、年度品質目標、重点施策等当社全般の品質保証活動に関して審議し、決定するとともに、全社の品質保証活動の点検・確認および対策の立案を行っています。
品質保証事務局は全社品質委員会の指示にしたがって、各ラボラトリー・事業部門の品質保証活動の支援、推進を行っています。
各ラボラトリー・事業部門は「全社品質方針」のもとに、品質保証活動を本来業務として実施し、事業実施部門品質委員会および品質管理部署が品質保証のPDCAサイクルをまわすことにより、品質保証レベルの向上に努めています。

4. 品質システム登録リスト

1.大分ラボラトリー ISO9001(付表)ISO9001ISO/IEC17025(付表)ISO/IEC17025、医薬品GMP
2.愛媛ラボラトリー ISO9001
3.淀川ラボラトリー
4.大阪ラボラトリー ISO9001、農薬GLP、医薬品GLP、医薬品GMP
5.筑波ラボラトリー ISO9001(付表)ISO9001
6.千葉ラボラトリー ISO9001(付表)ISO9001ISO/IEC17025
  • 登録証(写し)の参照:システム名をクリック
  • 英語の登録証は英語ページを参照ください。