1. HOME
  2. サービス
  3. マテリアルサイエンス
  4. カーボンニュートラル
  5. バイオマス分析
  6. 加熱発生ガス、発酵ガスの評価

加熱発生ガス、発酵ガスの評価

プロセス検討や安全管理のためのガス分析

バイオマスペレットを原料とするメタネーションプロセスの最適化や、保管時の安全管理のためには、バイオマスペレットから発生するガスの種類や量、発生条件を正確に把握することが重要です。

発生ガス分析

熱分解による発生ガス、微生物分解(発酵)による発生ガスなど、実際の取り扱い状況に応じて取得したい条件に即したガス発生条件を設定し、発生ガス種の定性・定量を行います。

項目 ガス発生条件 捕集方法 測定方法 対象ガス例
加熱発生ガス ・温度条件:~300℃
・雰囲気:空気/窒素
ヘッドスペースバイアル等 ・GC/TCD
・GC/FID
H2O、CO、CO2、H2、CH4、H2
微生物分解ガス ・温度条件:~100℃
・雰囲気:空気/窒素
瓶、袋、耐圧容器等試料量や雰囲気割合に応じ要相談 ・GC/TCD
・GC/FID
CO、CO2、H2、H2O、CH4、CH3OH、C2H5OH、H2S

ガス爆発試験

実際の保管時に発生するガスや取扱い環境を再現した混合雰囲気で、ガス爆発試験が可能です。アルコール類やアンモニアなど、特殊なガスを含む組成でも評価が可能です。

項目 条件 着火方法 測定方法 対象ガス
ガス爆発試験 ・温度条件:室温~300℃
・爆発容器:1Lまたは2Lの球形金属容器
・ニクロム線溶断法 爆発限界
限界酸素濃度
三角図
<対応実績のあるガス種の例>
CO、CO2、H2、CH4、CH3OH、C2H5OH、NH3、H2O(水蒸気)

お問い合わせ

分析・測定や商品、コンサルティングなどのサービスに関するお問い合わせやご依頼は、お問い合わせフォームまたは電話・FAXにてお気軽にお問い合わせください。

受付時間
9:00 ~ 12:00 および 13:00~17:30(土日祝、年末年始、当社休業日をのぞく)
お電話
03-5689-1219
FAX
03-5689-1222