1. HOME
  2. サービス
  3. マテリアルサイエンス
  4. 危険性評価・防災物性
  5. 熱安定性試験
  6. 反応熱量の評価

反応熱量の評価

化学反応時における熱的基礎デ-タを知ることは、プロセス開発や安全上からも重要なことです。
測定されるデータとしては反応開始温度、発熱又は吸熱速度、反応熱、混合熱、融解熱、結晶化熱、比熱や総括伝熱係数等の測定が可能です。

分析条件

  温度 雰囲気 圧力 期間 試料容器
反応熱(リアクションカロリーメーター) -10~200℃ 空気、窒素、他 10kPa~1MPa(abs)
反応熱(C-80) 約5℃~300℃ 空気、窒素、アルゴン、他 大気圧 ハステロイC、SUS、他

解説

  • 反応熱(リアクションカロリーメーター)
    リアクションカロリーメーターは約500gの試料を用いて化学反応や相変化時の熱量をベンチスケールで正確に求めるための熱量計であり、実装置を想定した熱的データや最適な反応条件を求めることができます。
  • 反応熱(C-80)
    等温での液-液、固-液系の混合反応熱等を少量の試料量(1~5g)で測定することが可能です。

技術事例

お問い合わせ

分析・測定や商品、コンサルティングなどのサービスに関するお問い合わせやご依頼は、お問い合わせフォームまたは電話・FAXにてお気軽にお問い合わせください。

受付時間
9:00 ~ 12:00 および 13:00~17:30(土日祝、年末年始、当社休業日をのぞく)
お電話
03-5689-1219
FAX
03-5689-1222