1. HOME
  2. サービス
  3. マテリアルサイエンス
  4. エレクトロニクス
  5. 有機エレクトロニクス
  6. 欠陥・劣化解析

欠陥・劣化解析

透明部材/デバイスの欠陥・異物解析

ガラス/ITO膜などの透明材料や有機デバイスの欠陥・異物を試料非破壊の状態で検出・観察することが可能です。さらに高精度なマーキング技術を用いることで、位置を特定してより詳細な解析を進めることが可能です。

分析手順/解析事例①

欠陥・劣化解析 解析事例① 欠陥・劣化解析 解析事例①

分析手順/解析事例②

有機ELなどの異常発光部の解析は、非破壊状態で分析が可能なレーザーラマン分光分析などが有効です。その後、断面観察などの手法を用いることでさらに詳細な解析を進めることができます。

欠陥・劣化解析分析手順解析事例② 欠陥・劣化解析分析手順解析事例②

技術事例

お問い合わせ

分析・測定や商品、コンサルティングなどのサービスに関するお問い合わせやご依頼は、お問い合わせフォームまたは電話・FAXにてお気軽にお問い合わせださい。

受付時間
9:00 ~ 12:00 および 13:00~17:30(土日祝、年末年始、当社休業日をのぞく)
お電話
03-5689-1219
FAX
03-5689-1222