1. HOME
  2. サービス
  3. マテリアルサイエンス
  4. 自動車・輸送機器
  5. カーエレクトロニクス
  6. 耐薬品試験

耐薬品試験

車体材料や車載電子機器など、搭載場所によって暴露される薬品、負荷環境による劣化を調査します。

自動車は様々な化学物質による影響を受け、樹脂材料の劣化、電子部品の絶縁不良、見た目・色など意匠性の低下を起こします。使用環境や搭載場所を考慮した試験を実施することで、車体材料や車載電子機器などの耐久性が評価できます。

試験の流れ

使用する主な薬品の例を下記に示します。

車外(外装・エンジンルーム)向けに使用する主な薬品

燃料系

ガソリン、軽油、バイオディーゼル など

オイル系

エンジンオイル、ブレーキオイル、デフオイル、クーラント液、バッテリー液 など

洗浄系

洗車シャンプー、カーワックス、ホイールクリーナー、ウィンドウォッシャー、ガラスクリーナー(コート剤)液 など

 

車内(内装・室内)向けに使用する主な薬品

室内用途

車内用クリーナー(光沢剤、保護剤)、ガラスクリーナー、アルコール類 など

その他

ジュース類、コーヒー、ハンドクリーム、日焼け止め など

試験について

ISO16750規格、または各メーカー規格での試験が対応可能です。

ISO 16750-5(耐薬品試験)

化学薬品:燃料系、オイル系、洗浄系など 計35種類

試験方法:塗布法、浸漬法

試験温度:定値試験(RTTmax)、サイクル試験

車で使用される多く薬品(化学物質)は第4類危険物に該当し、引火点が低い薬品も多いですが、当社では安全に配慮し、試験を実施することができます。

※薬品類の調達、および運搬に手間がかかる場合、当社で薬品調整や調達を実施します。なお、調達の場合には、試薬類のメーカー、型式などを指定していただき調達となります。

   また、海外製品など一部、当社でも調達困難なものもありますので、事前にご相談をさせていただきます。

規格以外の試験でもご要望に対して試験設計から実施しますので、先ずはご相談をお待ちしております。

試験について

技術事例

お問い合わせ

分析・測定や商品、コンサルティングなどのサービスに関するお問い合わせやご依頼は、お問い合わせフォームまたは電話・FAXにてお気軽にお問い合わせください。

受付時間
9:00 ~ 12:00 および 13:00~17:30(土日祝、年末年始、当社休業日をのぞく)
お電話
03-5689-1219
FAX
03-5689-1222