1. HOME
  2. サービス
  3. ライフサイエンス・ヘルスケア
  4. 医薬
  5. 生体試料中の微量薬物濃度測定
  6. Gyrolab xP workstationによるバイオ医薬品の薬物濃度測定

Gyrolab xP workstationによるバイオ医薬品の薬物濃度測定

住化分析センターのラインナップに Gyrolab が加わり、Large molecule drug に関連する測定法の選択肢が広がりました!バイオ医薬品の薬物濃度測定、ADA(Anti-Drug Antibody)、中和抗体やバイオマーカーの測定など、是非セットでご依頼ください。各々最適な測定法で実施します。

特長

・検体の処理能力向上により結果報告期間 短縮可能
  〔約100検体(マニュアル)⇒約480検体(Gyrolab)と検体処理数/dayが約5倍に〕
・メソッドを丸ごと移管可能なため、技術移管時トラブルが軽減
・Ligand binding assay特有の担当者間差なし
・少ないサンプル量(数μL)で測定可能
・迅速なメソッド開発(約1週間)

仕様

全自動ELISA システム(Gyrolab xP workstation)
   Gyrolab Control software ver. 7.2.2、  
   Gyrolab Evaluation software ver. 3.4、
   Software module: Gyrolab Viewer

・感度:pg/mL~
・処理能力:480 samples in duplicate / day
・試料調製以降、マニュアル操作不要

事例

技術事例

お問い合わせ

分析・測定や商品、コンサルティングなどのサービスに関するお問い合わせやご依頼は、お問い合わせフォームまたは電話・FAXにてお気軽にお問い合わせください。

受付時間
9:00 ~ 12:00 および 13:00~17:30(土日祝、年末年始、当社休業日をのぞく)
お電話
03-5689-1219
FAX
03-5689-1222