1. HOME
  2. サービス
  3. マテリアルサイエンス
  4. エネルギー・電池
  5. リチウムイオン電池・全固体電池
  6. 全固体電池

全固体電池

最新の分析により革新型蓄電池の新たな知見を発見します。

広く普及しているリチウムイオン電池の更なる高容量化のために、革新型蓄電池の開発が進められています。特に全固体電池は、電解質を固体とすることにより高エネルギー密度化、安全性の向上が期待されています。住化分析センターでは豊富な分析実績を基に、革新型蓄電池に適した新たな評価手法を提案し、お客様の開発課題の解決をお手伝いいたします。

特長/当社の強み

①大気非曝露での表面分析や物性試験など様々な分析サービスを提供いたします。
②引火点、発火点、燃焼有無といった材料の危険性評価サービスを行っております。
③充放電による内部変化を把握するためのin situ分析を提供いたします。

全固体Liイオンニ次電池分析項目

各種部材に関する分析項目の一例を示します。

分析対象 評価項目 手法・測定装置
活物質(正極・負極) 元素組成 ICP-AES、ICP-MS
構造情報 SEM
元素分布 EPMA、SEM-EDX
固体電解質 結晶構造 XRD、TEM
自己拡散係数 パルス磁場勾配NMR
危険性評価 着火性試験、延焼伝播観察
全固体電池(成形体) デンドライト発生有無 in situ顕微鏡観察
固体界面の元素分布 TEM-EDX
化合物分布 ラマンマッピング
空隙分布 水銀圧入法
導電パス SPM

分析の流れ

ご提供頂いた試料を不活性グローブボックス内で前処理いたします。専用ベッセルや測定セルを完備しておりますので、不活性グローブボックス内で取り出した部材を、大気の影響を抑制した状態で各種分析装置に供試することができます。

図 各種分析のため前処理装置 図 各種分析のため前処理装置

応用例/解析例/事例

TEM(透過電子顕微鏡)を用いたLi2S(粉体)の分析を大気開放雰囲気下と大気遮断雰囲気下とでそれぞれ行った結果を示します。大気遮断した場合には酸素は検出されておらず、形態を正確に観察できているものと考えられます。それに対して大気開放した場合は、酸化の影響で酸素が検出されており、形態変化が起こっていると推察されます。なお、付属の高感度EDXを用いて、電子線のダメージを抑制しながら元素分布情報を取得することも可能です。

図 TEMによるLi2S観察例 図 TEMによるLi2S観察例

技術事例

お問い合わせ

分析・測定や商品、コンサルティングなどのサービスに関するお問い合わせやご依頼は、お問い合わせフォームまたは電話・FAXにてお気軽にお問い合わせください。

受付時間
9:00 ~ 12:00 および 13:00~17:30(土日祝、年末年始、当社休業日をのぞく)
お電話
03-5689-1219
FAX
03-5689-1222