消防法危険物の判定(第三類)

固体の場合

自然発火性試験→[ろ紙上で自然発火する→ランク1→第一種自然発火物質及び禁水性物][ろ紙上で発火せず→[断熱板に落下させ自然発火する→ランク1→第一種自然発火物質及び禁水性物][断熱板に落下させ自然発火せず→危険性なし][危険性なし]]

液体の場合

自然発火性試験→[磁性カップで自然発火する→ランク1→第一種自然発火物質及び禁水性物][磁性カップで発火せず→[ろ紙上で発火する→ランク1→第一種自然発火物質及び禁水性物][ろ紙をこがす→ランク2][ろ紙をこがさない→危険性なし]] 水との反応性試験→[自然発火する→ランク1→第一種自然発火物質及び禁水性物][接炎時、発生ガスに着火する→ランク2][自然発火せず、または発生ガスが不着火→[発生ガス量:200L以上/kg・時間かつ、可燃性成分含有→ランク3][発生ガス量:200L未満/kg・時間かつ、可燃性成分含有ない→危険性なし]]

  水との反応性試験
ランク1 ランク2 ランク3 危険性なし
自然発火性試験 ランク1
ランク2
危険性なし
  • Ⅰ:第一種自然発火性物質及び禁水性物質(指定数量 10kg)
  • Ⅱ:第二種自然発火性物質及び禁水性物質(指定数量 50kg)
  • Ⅲ:第三種自然発火性物質及び禁水性物質(指定数量 300kg)
  • 非:第三類の危険物に該当しない

参考文献:消防庁危険物規制課監修 『危険物確認試験実施マニュアル』 新日本法規出版

Webからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

  • お電話でのお問い合わせ

    03-5689-1219

  • FAXでのお問い合わせ

    03-5689-1222

このページの先頭へ