消防法危険物の判定(第一類)

「試験 Ⅰ」(粉粒状の試験物品)

燃焼試験、または落球式打撃感度試験のいずれか一方→ランク1→第一種酸化性固体 落球式打撃感度試験→ランク2[一類燃焼試験:[ランク2→第二種酸化性固体][ランク3→第三種酸化性固体]] ランク3[一類燃焼試験:[ランク2→第三種酸化性固体][ランク3→第一類の危険物に該当しない]]

「試験 Ⅱ」(粉粒状以外の試験物品)

大量燃焼試験→危険性有り[鉄管試験→[危険性有り→※1][危険性無し→第三種酸化性固体]] 危険性無し[鉄管試験→[危険性有り→第三種酸化性固体][危険性無し→第一類の危険物に該当しない]]

  • ※1試験物品の粒度を調整し、「試験 Ⅰ」を実施した結果に基づき評価する。
  • 第一種酸化性固体(指定数量 50kg)
  • 第二種酸化性固体(指定数量 300kg)
  • 第三種酸化性固体(指定数量 1,000kg)

参考文献:消防庁危険物規制課監修 『危険物確認試験実施マニュアル』 新日本法規出版

Webからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

  • お電話でのお問い合わせ

    03-5689-1219

  • FAXでのお問い合わせ

    03-5689-1222

このページの先頭へ