アウトガス分析評価

電子デバイスに対し、さまざまなトラブル要因となる各種材料や設備からのアウトガスを分析します。ウェーハの片面サンプリングや、製品の構成部材から最終製品などの大型試料まで、試料に合わせたサンプリング方法をご提案いたします。また減圧環境など特殊環境での試験も実施可能です。

主な分析項目

分析対象 装置・原理 手法・測定装置
原材料 材料の比較や同定
未反応物や劣化物調査
アルデヒド類、VOC、SVOC評価
主な前処理法
  • ダイナミックヘッドスペース(DHS)法
  • (パージアンドトラップ(P&T)法、加熱脱着法)
  • スタティックヘッドスペース(HS)法
  • 熱分解(Py)法
  • UV照射
主な測定機器
  • ガスクロマトグラフ/質量分析計(GC/MS)
  • 発生ガス分析(EGA-MS)
  • におい嗅ぎ(MPT)-GC/MS
  • イオンクロマトグラフ(IC)
  • 誘導結合プラズマ質量分析計(ICP-MS)
申請試験
成型品
(部品・部材)
材料の比較や同定
未反応物や劣化物調査
匂い原因調査
揮発性有機化合物評価
アルデヒド類、VOC、SVOC評価
製品 におい原因調査
揮発性有機化合物評価
BAM申請
エコマーク申請

ご依頼、分析の流れ

御一報ください(WEB/TEL/MAIL)→お伺いいたします(MEET/TEL/MAIL)→見積書提出→サンプル受領[受入検査/外観観察]→前処理[測定可能な状態への試料加工など]→観察・定性・定量[各種測定]→解析→速報→報告

分析技術事例(Technical News)

タイトル 整理番号
高分子材料の光、酸化、熱劣化評価 ~UV-Py-GC/MS~ TN349
自動車部品・内装材から発生する揮発性有機化合物放散測定法 TN342
アウトガス評価 -放散試験チャンバー法及び加熱加速試験法- TN341
複写機・プリンターなどの画像機器から放散される化学物質の評価 TN340
におい嗅ぎ-MPT-GC/MS法による『におい』評価 TN320
Py-GC/MS及びEGA-MS法による加熱発生ガス分析 TN247
クリーンルーム構成材料から発生するアミン類のCE/MS分析 TN178
半導体材料のアウトガス分析 TN095
昇温脱離ガス分析法の応用 TN094

	Get Adobe® Reader®

PDFファイルの閲覧には、Adobe® Reader®が必要です。

Webからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

  • お電話でのお問い合わせ

    03-5689-1219

  • FAXでのお問い合わせ

    03-5689-1222

このページの先頭へ