におい評価

近年我々の生活環境の質は向上し、より快適さを求める傾向にあります。
快適さをあらわす指標の一つとして「におい」が挙げられ、無臭嗜好などにより、「におい」に対する関心は非常に高くなっています。
しかし、においは機器分析で定量的に捉えることが非常に困難とされてきました。
当社では機器分析のデータに「におい単位」の考え方を採用し、におい分析の調査をいたします。

におい評価の特徴

  • 「におい単位」(=成分濃度÷嗅覚閾値)」の考え方を採用して、原因成分を調査。
  • サンプリングと分析手法で幅広い試料形態に対応。

ご依頼の流れ 事前調査[調査目的や試料の情報・発生状況・においの質等について、分析前にお客さまからの聞き取り調査。/可能であればお見積前にサンプルをいただき、予備調査を実施。]→サンプリング[対象資料、液体・個体(各種材料、製品からのにおい etc.)…試料を専用容器に入れ、発生したガスを捕集/対象試料 待機(例:室内空気、工場周辺大気 etc.)→化学分析…その他、においの質に応じた各種分析手法をご提案 例)GS-MS法(有機化合物全般)・におい嗅ぎ GC/MS →総合解析[ガス成分の定性、定量結果から、におい単位を採用した解析結果をご提供]

Webからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

  • お電話でのお問い合わせ

    03-5689-1219

  • FAXでのお問い合わせ

    03-5689-1222

このページの先頭へ