1. HOME
  2. サービス
  3. ライフサイエンス・ヘルスケア
  4. 医薬
  5. in vitro 安全性スクリーニング
  6. オートパッチクランプシステムを用いた心筋イオンチャネル評価

オートパッチクランプシステムを用いた心筋イオンチャネル評価

創薬候補物質の催不整脈リスクの予測として、心臓のイオンチャネルへの影響を創薬段階の早期にハイスループットで取得することは、創薬ストラテジーにおいて大きな意義があります。当社は迅速、高品質、適正価格のサービスを国内でご提供いたします。社内実施からの切り替え、新たな外部委託先として是非ご検討ください。

特長

・ハイスループット用に開発された最新の全自動パッチクランプシステム(Sophion Bioscience 社製Qube 384)を用い、マニュアルパッチクランプと非常に近いホールセルクランプ状態で、イオンチャネル電流を測定することが可能

・Qube専用の測定プレート(QChip 384)を使用することでギガシール形成による膜電位固定を行うことができ、1測定あたり384ウェルの高品質なデータを一度に取得することが可能

・実験の目的に合わせてシングルあるいはマルチホールを選択することが可能

・hERG評価では、最大90化合物を最速2週間で結果報告

・【準備中】今後ガイドラインで求められる可能性があるNav1.5(Naイオンチャネル)やCav1.2(Caイオンチャネル)の評価にも対応可能。各評価では、最大45化合物を最速2週間で結果報告

仕様

機器:Qube 384(Sophion Bioscience社)
細胞:hERG 評価  B'SYS / CHO
   Nav1.5 評価及び Cav1.2 評価 【検討中】
繰り返し数:hERG n=2~4, Nav1.5及びCav1.2 n=2~8
濃度:4濃度(同一ウエルに濃度を変えて経時的に処理を実施)
陽性対照:Cisapride

技術事例

お問い合わせ

分析・測定や商品、コンサルティングなどのサービスに関するお問い合わせやご依頼は、お問い合わせフォームまたは電話・FAXにてお気軽にお問い合わせください。

受付時間
9:00 ~ 12:00 および 13:00~17:30(土日祝、年末年始、当社休業日をのぞく)
お電話
03-5689-1219
FAX
03-5689-1222