1. HOME
  2. サービス
  3. ライフサイエンス・ヘルスケア
  4. 感性評価
  5. 感性評価
  6. 心理面、物理面からの評価

心理面、物理面からの評価

製品やサービスに対する人の気持ちや感じ方を数値化・可視化します

心理面、物理面からの2つのアプローチで感性評価を実施し、製品開発を支援いたします。

新たな「感性価値」を持つ製品開発

人の感性に寄り添ったものづくりの重要性が高まる中、従来からの機能、性能、信頼性の価値に加え、人の気持ち・感じ方をポジティブに変えることができる「感性価値」を持つ新しい製品やサービスの設計・開発が注目されています。

消費者の感性

 楽しい・良い・快適な・使いやすい・違和感ない・美しい・爽やかな・高級な、大人っぽい...

           ⇓

感性価値を評価

     快適性
     高級感(見た目印象、質感など)
     使用感(操作感、触感など)

           ⇓

製品開発を支援

     開発方針決定
     開発スピードアップ
     高付加価値化
例えば、見た目が「高級感のある」化粧品を開発する場合、ターゲットユーザーの「高級感」を
構成する印象要素(豪華さ、上品さなど)と物理要素(色、形、テクスチャなど)を抽出、評価す
ることで、感性価値を最大化する提案が可能です。

感性評価とは

人が、使用する製品や接するサービスに対する漠然とした気持ちや感じ方(感性)を、感性工学・
心理学・統計学などの科学に基づき評価し、新たな価値を付与します。

関連情報

お問い合わせ

分析・測定や商品、コンサルティングなどのサービスに関するお問い合わせやご依頼は、お問い合わせフォームまたは電話・FAXにてお気軽にお問い合わせください。

受付時間
9:00 ~ 12:00 および 13:00~17:30(土日祝、年末年始、当社休業日をのぞく)
お電話
03-5689-1219
FAX
03-5689-1222