1. HOME
  2. サービス
  3. ライフサイエンス・ヘルスケア
  4. 環境
  5. 廃棄物に係る判定基準項目の分析
  6. 絶縁油中微量PCB分析

絶縁油中微量PCB分析

微量PCB問題

PCB汚染

どこまで広がる?PCB汚染 PCB生産中止以降の絶縁油ならばPCBの含有の疑いはない?

微量PCB問題

  • 1989年以前では、新油、再生油共に微量PCBが検出
  • 1990年以降も断続的に微量PCBが検出
  • PCB検出事例
  • 環境省HP「低濃度PCB汚染物に関する原因究明調査報告書(案)平成17年5月」より抜粋
  • 新油=PCB汚染無しとは言い切れない
  • PCB混入過程は絶縁油製造段階から絶縁油更新時までさまざま
  • 年代だけでPCB含有有無を判定することは困難
  • PCB含有量チェックの必要性
  • 2001年7月15日
    「ポリ塩化ビフェニール廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法」施行
  • 2004年2月17日
    廃重電機器等の廃棄時にはPCB混入の可能性の確認が必要 通達:環廃産発第040217005号
  • 2012年12月12日
    PCB特別措置法施行令の一部が改正され、PCB廃棄物の処理期限が、 平成39年3月31日へ改正されました。 古油・新油、廃棄・使用中を問わず早期のPCB含有量チェックをお勧めいたします。
  • PCB含有量チェックの必要性

特長/当社の強み

住化分析センターでは、目的に応じた様々なPCB分析を行っています。

  • 1. 精密定量法 GC-HRMS法
  • 2. 簡易測定法 簡易定量法
  • 3. 各種部材分析
  • 4. 環境試料中の測定

お問い合わせ

分析・測定や商品、コンサルティングなどのサービスに関するお問い合わせやご依頼は、お問い合わせフォームまたは電話・FAXにてお気軽にお問い合わせださい。

受付時間
9:00 ~ 12:00 および 13:00~17:30(土日祝、年末年始、当社休業日をのぞく)
お電話
03-5689-1219
FAX
03-5689-1222