欧州CLP規則対応

  • CLP規則(分類表示包装規則:EU Classification, Labelling and Packaging of substances and mixtures)

2009年1月に欧州において発効されたCLP規則では、お客さまの製品を輸入するEU域内の輸入者が分類表示の届出を行うことになっており、届出のためには正しい分類(C)や製品中の物質に関する分類表示(L)、およびEU域内に向けたMSDS等による正しい情報伝達が不可欠です。
届出は年間1トン未満の輸入でも必要で、厳しい罰則もあります。しかし、その必要性や具体的な対応については、必ずしも正しい理解をされていないのが現状です。このCLP規則に対し的確に対応しないと、お客さまの欧州におけるビジネスを継続させることが困難となります。

欧州における化学品管理

欧州における化学品管理 2007~ REACH規則:リスク評価・管理 [物質(製品の使用者、物質(製品)の用途、流通量。SDSの提供義務、書式、内容]をEU当局が登録。2009~ CLP規則:情報伝達の統一・共通化=GHS(危険有害性の分類と表示)、SDSの内容 分類/表示、分類表示の提出。川下ユーザーや消費者はMSDS/SDSと情報伝達を行う

CLP規則概要

CLP規則

物質/混合物の分類・表示・包装に関する欧州議会および理事会規則
Regulation(EC)No 1272/2008 2009年1月20日施行
Regulation(EC)No 286/2011 2011年3月10日改訂

Who?

対象者:EU域内製造者、輸入者および川下ユーザー(調製者、再輸入者)、流通業者(OR制度なし)

What?

対象物:第三者にわたる物質、混合物、ある種の成形品中の物質(数量無関係)

次に示すとおり、対象の物質について期限に応じた対応が求められます。
いずれも輸入者ができない場合には、日本側からのサポートが必須です。

What & When?

  • 1.分類・表示・包装
    すでに始まっています(移行期間あり)
    • Classification(分類):データに基づいて物質を欧州版GHS区分する
    • Labelling(表示):得られた分類に基づいてラベルする
    • Packaging(包装):内装材、単一包装材、外装材について規定に従う

What & When?

  • 2.届出(分類・表示要素)
    届出対象
    • 1.REACH規則登録対象物質(分類有無問わず)
    • 2.Hazard分類クライテリアを満たす物質
    • 3.Hazard分類される混合物中のHazard物質

届出期限:2010年12月1日以降、上市後1ヵ月以内

届出

届出目的

欧州インベントリーの作成

  • 届出期限後、ECHAが順次公開

対象物質 数量無関係

  • REACH規則登録対象物質(分類有無問わず
  • Hazard分類クライテリアを満たす物質
  • Hazard分類される混合物中のHazard物質
  • 輸入形態がポリマーの場合、注意が必要です

対象者 OR制度なし

EU域内の製造者および輸入者

届出内容

  • 届出者情報
  • 物質の特定と分類
  • 表示要素
  • 特定の場合には濃度限界値

届出方法

  • IUCLID dossier 作成
  • Bulk notification XMLファイル作成
  • Online dossier 作成 → 届出

届出期限

上市後1ヵ月以内

いずれも輸入者ができない場合には、日本側からのサポートが必須です!

いつ、何をすべきか?

単一製品の場合

[物質]分類:(SDS記載)DSD※1の場合 2015/6/1まで必須。以降なし。CLPの場合 2010/12/1まで任意、以降は必須。表示と包装:DSDの場合 2010/12/1までいずれか実施、2010/12/1から2012/12/1まで猶予期間、以降なし。CLPの場合 2010/12/1 いずれか実施、以降必須。※1 DSD:Dangerous Substance's Directive 67/548/EEC

上市している化学物質の分類表示の届出期限(2011年1月3日

混合物の場合

[混合物]分類:(SDS記載)DPD※1の場合 2015/6/1まで必須。以降なし。CLPの場合 2015/6/1まで任意、以降は必須。表示と包装:DPDの場合 2015/6/1までいずれか実施、2015/6/1から2017/6/1まで猶予期間、以降なし。CLPの場合 2015/6/1までいずれか実施、以降必須。※2 DPD:Dangerous Preparatiom's Directive 1994/45/EC

上市している混合物中物質の分類表示の届出期限(2011年1月3日 ただし、混合物が危険有毒性に該当する場合

  • 1.いずれか実施…CLPでの分類をする場合、表示と包装もCLP対応
  • 2.猶予期間…切り替え期限以前に上市済みかつ表示の済みの製品は2年猶予期間、保税倉庫のものは上市前とみなされる

住化分析センターのCLP規則対応関連サービスのご紹介

住化分析センターでは、お客さまの欧州におけるビジネス展開のお手伝いをいたします。

物質(単一製品)/混合物はREACH規則の登録要否を判定。EU域内輸入者車あたり物質(単一製品)は >1トン/年間、単一製品は <1トン。SCASでは、物質(単一製品)/混合物/ポリマーの(M)SDSへの反映/REACH仕様SDSの作成を行う。(SIEFから情報入手※物質(単一製品)のみ、情報収集(CLP規則付属書6、手持ちデータ、データベース)、物理化学的危険性試験(データがない場合に実施)、分類判定(混合物の場合、「混合物の書かの物質の危険有害性+その温度」から判定)、CLP届出パッケージの作成(輸入者がREACH・ITに入力する内容のファイル/IUCLIDに入力)。その後お客さまから輸入車へ通知。輸入者が届出(REACH-ITに直接入力/REACH-ITにIUCLD file添付)

Webからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

  • お電話でのお問い合わせ

    03-5689-1219

  • FAXでのお問い合わせ

    03-5689-1222

このページの先頭へ