消防法危険物の判定(第四類)

「手順 Ⅰ」(第四類危険物に該当する可能性の有無判断)

液状確認(20℃)→[液状→引火点測定試験→手順Ⅱ][液状でない→液状確認(20~40℃)→[液状→引火点測定試験→[引火点<70℃→手順Ⅱ][引火点≧70℃(注2)]][液状でない(注1)]]

  • 注140℃以下の温度で液状にならないものは「固体」であるので、第四類の危険物には該当しない。
  • 注2引火点が70℃以上の物品は、第三類石油類、第四類石油類、または動植物油類に属することになるが、これらの物品については、1気圧、20℃で液状でないものは第四類の危険物には該当しない。

「手順 Ⅱ」

手順II→[引火点≧100℃][100℃>引火点>-20℃→発火点測定][引火点≦-20℃→沸点測定[沸点>40℃→発火点測定][沸点≦40℃→特殊引火物]] 発火点測定→[発火点>100℃][発火点≦100℃→特殊引火物] [引火点<21℃→第一石油類][21℃≦引火点<40℃→第二石油類][70℃≦引火点<200℃→第三石油類][200℃≦引火点<250℃→第四石油類

  • 特殊引火物(指定数量 50L)
  • 第一石油類(指定数量 非水溶性 200L、水溶性 400L)
  • アルコール類(指定数量 400L)
  • 第二石油類(指定数量 非水溶性 1,000L、水溶性 2,000L)
  • 第三石油類(指定数量 非水溶性 2,000L、水溶性 4,000L)
  • 第四石油類(指定数量 6,000L)
  • 動植物石油類(指定数量 10,000L)

参考文献:消防庁危険物規制課監修 『危険物確認試験実施マニュアル』 新日本法規出版

Webからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

  • お電話でのお問い合わせ

    03-5689-1219

  • FAXでのお問い合わせ

    03-5689-1222

このページの先頭へ