土壌養分分析

住化分析センターでは、土壌養分分析が、安価・短納期(営業日5日)で測定が可能です。
水田・畑地土壌などの適正な施肥管理のためには、栽培土壌の養分分析が必要になります。

基本分析項目はpH、電気伝導度:EC、CaO、MgO、K2O、アンモニア態窒素:NH4-N、硝酸態窒素:NO3-N、陽イオン交換容量:CEC、可給態リン酸:P205、腐植の合計10項目です。

項目 測定法概要
pH(H2O)・電気伝導度(EC) ガラス電極法
pH(KCl) ガラス電極法
アンモニア態窒素(NH4-N) イオンクロマトグラフ法
硝酸態窒素(NO3-N) Cu-Cd還元-比色法(ナフチルエチレンジアミン)
陽イオン交換容量(CEC) 計算法(陽イオン総量+交換酸度)
石灰(CaO)・苦土(MgO)・加里(K2O) ICP-AES法
可給態リン酸(P205 比色法(モリブデンブルー)
可給態ケイ酸(SiO2 ICP-AES法
遊離酸化鉄(Fe2O3 ICP-AES法
腐植 吸光光度法

このほか、微量金属類も実施しております。お気軽にお問い合わせください。

土壌養分分析迅速法紹介

土壌養分診断の基本項目分析を短期間で実施できます。(最短5日間)

自動前処理ロボット

多検体の土壌試料の秤量からろ過までの工程を全自動で行います。

ICP発光測定装置

K、Ca、Mg、Fe、Siなどの金属を高精度に測定します。

オートアナライザー

NO3-N、P2O5の多検体測定が可能です。

イオンクロマトグラフ

NH4-N、用水中のイオン測定を行います。

土壌養分分析流れ

お客さま;試料送付 SCAS:土壌養分分析→分析結果報告→お客さま:土壌診断

Webからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

  • お電話でのお問い合わせ

    03-5689-1219

  • FAXでのお問い合わせ

    03-5689-1222

このページの先頭へ