下水中の直鎖アルキルベンゼンスルホン酸及びその塩(LAS)の濃度測定

直鎖アルキルベンゼンスルホン酸及びその塩(LAS)の濃度測定に対応しています

-生活環境の保全に関する環境基準 追加項目-

水中(下水、放流水、河川、海水等)の「直鎖アルキルベンゼンスルホン酸及びその塩(LAS)」について、当社では現地での試料採取からLC-MS/MSによる定量分析まで、ご要望に合わせてご相談を承ります。

環境基本法に基づく水質汚濁に係る生活環境の保全に関する環境基準のうち、水生生物の保全に係り、新たに「直鎖アルキルベンゼンスルホン酸及びその塩(LAS)」が追加されました(平成25年3月27日公示・施行)。現在、水質汚濁防止法に基づく環境省令による排水基準の検討が進められています。また、国土交通省では全国の終末処理場に流入する下水及び放流水に関して実態把握が進められています。

環境基準について

追加された「直鎖アルキルベンゼンスルホン酸及びその塩(LAS)」の基準値は、淡水域(河川・湖沼)の4つの類型で0.02~0.05mg/L以下、海域の2つの類型で0.006~0.01mg/L以下とする水質目標値を設定しています。

水質汚濁に係わる環境基準について

(昭和46年12月28日 環境庁告示59号 改定平成25年3月27日 環境省告示30号)
環境省HP http://www.env.go.jp/hourei/add/e033.pdf

直鎖アルキルベンゼンスルホン酸及びその塩(LAS)とは

LASは代表的な陰イオン界面活性剤であり、合成洗剤の主成分として使用されています。LASの構造を下図に示します。測定対象はアルキル鎖の炭素数10~14とされており、これらのLASは化学物質排出管理促進法(PRTR法)の第一種指定化学物質にも指定されています。

直鎖アルキルベンゼンスルホン酸塩の構造図

分析手法

環境省では直鎖アルキルベンゼンスルホン酸及びその塩(LAS)の測定方法として、液体クロマトグラフ質量分析法を指定しています。当社ではこの測定方法に準拠し、ご依頼に対応いたします。

LC-MS/MSによる分析例

Webからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

  • お電話でのお問い合わせ

    03-5689-1219

  • FAXでのお問い合わせ

    03-5689-1222

このページの先頭へ