アゾ染料・顔料より生成する特定アミン類の定量分析

各種製品中の着色剤として幅広く使用されているアゾ染料・顔料は、構造中のアゾ基が開裂反応を起こし、発がん性の芳香族アミン類を生成することが知られています。
欧州規格のEN14362では、有害とされる22種類の芳香族アミン類を規定しています。
同様に、日米欧の電気・電子団体が作成したJIG(Joint Industry Guide)でも評価対象として規定され、各社のグリーン調達基準でも使用禁止物質として挙げられています。

分析法に関して、これまでは繊維中のアゾ染料・顔料の分析は可能でしたが、その他の材料中や製品中の分析は困難でした。また、EN14362に記載されている分析方法では一部の アミン類が酸化して分析できない等の問題がありました。

住化分析センターでは、これら問題を解決し、どのような試料であっても高感度かつ 短時間で分析する独自の手法を開発しました(特許申請中)。

あらゆる試料に対応可能ですので、お気軽にご相談ください。

CAS No. 化合物
92-67-1 4-アミノジフェニル
92-87-5 ベンジジン
95-69-2 4-クロロ-o-トルイジン
91-59-8 2-ナフチルアミン
97-56-3 o-アミノアゾトルエン
99-55-8 2-アミノ-4-ニトロトルエン
106-47-8 p-クロロアニリン
615-05-4 2,4-ジアミノアニソール
101-77-9 4,4'-ジアミノジフェニルメタン
91-94-1 3,3'-ジクロロベンジジン
119-90-4 3,3'-ジメトキシベンジジン
119-93-7 3,3'-ジメチルベンジジン
838-88-0 3,3-ジメチル-4,4'-ジアミノジフェニルメタン
120-71-8 p-クレシジン
101-14-4 4,4'-メチレン-ビス-(2-クロロアニリン)
101-80-4 4,4'-オキシジアニリン
139-65-1 4,4'-チオジアニリン
95-53-4 o-トルイジン
95-80-7 2,4-トルイレンジアミン
137-17-7 2,4,5-トリメチルアニリン
90-04-0 o-アニシジン
60-09-3 4-アミノアゾベンゼン

測定機器:GC-MS 定量限界:10-30ppm

分析技術事例(Technical News)

タイトル 整理番号
アゾ染料・顔料より生成する特定アミン類の定量分析(SVHC)定量分析 TN351

Get Adobe® Reader®

PDFファイルの閲覧には、Adobe® Reader®が必要です。

Webからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

  • お電話でのお問い合わせ

    03-5689-1219

  • FAXでのお問い合わせ

    03-5689-1222

このページの先頭へ