ダイオキシン類測定(含有量・溶出量・気中濃度・燃焼試験)

特に材料の燃焼試験についてご紹介いたします。

試験方法

試料1gを分取し、自社製環状炉にて燃焼、燃焼時に発生した排ガスを厚生省マニュアル通りにサンプリング・分析し、理想燃焼条件下でのダイオキシン類発生量を測定します。

条件

  • 燃焼温度:室温~1000℃(お客さまご指定による)
  • 燃焼ガス:人工空気または純酸素等( お客さまご指定による )
  • 定量下限値:0.1ng-TEQ/g(2,3,7,8-TCDD換算)

試験体の形状および数量、サンプリング方法等

お客さまご指示の通りの形状で燃焼。(ただし、燃焼管に入る寸法)必要試料量は10g程度。

注意点

  • 燃焼試験には、公定法(公的機関で定めた方法)が存在しません。
  • ご指定の各種条件下(理想条件)での測定となり、現実の焼却炉での燃焼とは条件が異なることがあります。
  • “燃焼試験結果=ダイオキシン類が発生しない”と、現実の焼却炉でのダイオキシン類測定結果は、同じではありません。

ダイオキシン類燃焼試験装置 全体図

燃焼用 試料皿(10g用)

Webからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

  • お電話でのお問い合わせ

    03-5689-1219

  • FAXでのお問い合わせ

    03-5689-1222

このページの先頭へ