ダイオキシン類分析

平成17年9月14日、「ダイオキシン類対策特別措置法施行規則第2条第1項第4号の規定に基づき環境大臣が定める方法(平成17年9月環境省告示第92号)」が公布および施行されました。
住化分析センターでは、公布および施行された生物検定法に対応しております。

住化分析センターの生物検定法について

概要

ダイオキシン類がアリール炭化水素受容体に結合することを利用した方法
住友化学開発方法:測定法名称 “Ahルシフェラーゼアッセイ”
環境省告示第92号(H17.9.14)第1の3

前処理に、変則多層カラムを使用し、測定に、ダイオキシン類応答性組換え細胞HeB5を用いた レポータージーンアッセイを利用してダイオキシン類の毒性等量を測定する方法

適用試料

  • 法第28条第1項及び第2項の規定に基づき特定施設の設置者が行う排出ガス(焼却能力2t/時未満の廃棄物焼却炉に限る)およびばいじん等の測定
  • 法第24条第1項に基づく廃棄物焼却炉に係るばいじん等の処理の基準の検定

ダイオキシン類の測定(公定法)低価格・短納期で多検体測定 ●適用試料:排ガス、ばいじん、燃え殻、付着物 ◆公定法と良好な相関:r2=0.95以上 ◆安価で迅速:最短3営業日で速報(排ガス除く)

Webからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

  • お電話でのお問い合わせ

    03-5689-1219

  • FAXでのお問い合わせ

    03-5689-1222

このページの先頭へ