におい成分の閾値

「におい」は、各成分ごとに「閾値(いきち)」があり、その存在を検知できる最低濃度を「検知閾値」、どのような「におい」か識別可能な濃度を「認知閾値」と呼んでいる。
下記に代表的な成分の検知閾値例を示します。

「におい」成分の検知閾値の例

成分名 閾値(ppm) 成分名 閾値(ppm)
ホルムアルデヒド 0.5 硫化メチル 0.003
アセトアルデヒド 0.0015 二硫化メチル 0.0022
プロピオンアルデヒド 0.001 メチルメルカプタン 0.00007
メタノール 33 アンモニア 1.5
エタノール 0.52 トリメチルアミン 0.000032
ジェオスミン 0.0000065 インドール 0.0003
プロピオン酸 0.0057 n-プロパン 1500
n-酪酸 0.00019 ベンゼン 2.7
n-吉草酸 0.000037 アセトン 42
硫化水素 0.00041 メチルエチルケトン 0.44

「におい」成分閾値は、成分の種類によって「%からpptレベル(10-12)」まで幅広く、従ってその「におい」評価については、前処理、濃縮さらには分析法の最適化等、複合的な組合わせが必要となります。

文献
  • 永田好男、竹内教文:
    三点比較式臭袋法による臭気物質の閾値測定結果、第29回大気汚染学会講演要旨集、528(1998)
  • G.Leonardos,D.Kendall,N.Barnard:
    Odor Threshold Determination of 53 Odorant Chemicals、J Air Poll.Control Association、19,2,91-95(1969)

Webからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

  • お電話でのお問い合わせ

    03-5689-1219

  • FAXでのお問い合わせ

    03-5689-1222

このページの先頭へ