ナノテク開発支援サービス

ラマン分光法は、赤外分光法と相補的な振動スペクトル手法で、顕微鏡と組み合わせた顕微ラマン分光法は、 微小部分析や近年注目されているナノテクノロジー分野の研究において、盛んに用いられています。

測定対象

有機物ではプラスチックや繊維など、無機物では金属酸化物や炭素材料などがあります。

応用例

炭素材料 ダイヤモンド・グラファイト・アモルファスカーボンの分析、
炭素繊維のグラファイト化率の評価、
カーボンナノチューブの評価
異物や微小点の局所分析 1μmレベル
半導体関連 シリコン結晶微小域の応力の解析、
ガリウムヒ素単結晶の物性評価
高分子材料 ポリマーの結晶性・配向度の評価、
ポリマーの硬化度評価(残存二重結合)
反応解析 ポリマーの反応過程の追跡、
強酸の解離状態の測定
医薬品分析 結晶多形の解析(溶解性・効能への影響)

顕微ラマン分析の特長

  • 1.気体、液体、溶液、固体、結晶、繊維、フィルム等物質の状態に関係せずあるがままの状態で、 しかも非破壊でスペクトルの測定が可能
    (ガラス越しの測定、透明な容器中の試料の測定)
  • 2.極微量測定
    原理的にはその部分だけ試料があれば測定可能
    液体ならばキャピラリーで数μl、固体ならば数ng程度で測定可能
  • 3.空間分解能1μm
  • 4.マッピング測定可能

事例:炭素材料の分析

Figにさまざまな炭素材料のラマンスペクトルを示しました。結晶性の違いにより、異なるスペクトルが得られることが分かります。
ラマンスペクトルにおける1340cm-1(D-band)付近及び1600cm-1(G-band)付近の2つのピークは、炭素材料の黒鉛化度や配向度に敏感です。そのため、試料の結晶性を把握することができます。
結晶性の高い試料では、1600cm-1付近のピークのみが検出しますが、結晶性が低くなると1340cm-1付近のピークも検出します。

Fig炭素材料の顕微ラマンスペクトル

安全性・危険性評価サービス

住化分析センターでは、製品の安全性や危険性評価サービスを通じて、 ヒトの健康や環境に対する有害な影響の予防・リスクの削減に貢献しております。

安全性評価

急性毒性 急性経口毒性試験
急性経皮毒性試験
急性吸入毒性試験
刺激性 皮膚一次刺激性試験
眼一次刺激性試験
皮膚感作性 皮膚感作性試験(アレルギー性)
変異原性
(発癌性スクリーニング)
Ames試験
染色体異常試験
環境影響性 藻類成長阻害試験
ミジンコ類急性毒性試験
魚類急性毒性試験
MSDS 製品安全データシートの作成

危険性評価

ガス爆発 爆発範囲・限界酸素濃度・最小発火エネエルギーなど
粉塵爆発 爆発下限界濃度・限界酸素濃度・爆発圧力・圧力上昇速度など
熱分解・熱安定性 示差熱分析・熱重量測定・示差走査熱量測定など
機械的感度 落つい感度試験・摩擦感度試験など
着火・燃焼性 引火点・発火点など
静電気特性 体積抵抗率・表面抵抗率など
熱物性 反応熱・比熱・熱伝導率など

Webからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

  • お電話でのお問い合わせ

    03-5689-1219

  • FAXでのお問い合わせ

    03-5689-1222

このページの先頭へ