医療機器・医療材料の評価事例

細胞培養シートの表面改質状態評価(XPS)

各種表面改質処理を施したポリスチレン製細胞培養シートをX線光電子分光分析法(XPS)で測定した事例です。XPSでは元素の結合状態に対応したケミカルシフトが観測されます。下図は試料最表面の炭素(C1s)のスペクトルです。この結果から表面改質によって様々な官能基が導入されており、改質の種類によって官能基が異なることがわかります。
細胞培養特性と合わせて考察することにより、表面改質方法の開発に重要な情報を与えます。

このページの先頭へ

材料表面濡れ性評価(接触角)

材料表面のぬれ性は、たんぱく質の吸着挙動に影響があると考えられています。接触角の大きさから、材料表面のぬれ性を評価することができます。

このページの先頭へ

表面単分子膜の配向状況 (PAR-XPS)

材料の濡れ性、生体適合性、接着性などには材料最表面の化学構造が大きく影響します。同時角度分解X線光電子分光法(PAR-XPS)では、試料表面数nmにおける深さ方向の元素分布、結合状態変化を非破壊で見ることができます。
下図は基板表面に塗布された単分子膜を分析した例です。単分子膜の膜厚、配向状態を解析することが可能です。

このページの先頭へ

化学的性質(溶出試験)

樹脂材料の構成モノマーの特定のほか、複数の分析手法を組み合わせることにより添加剤の定性分析および定量分析が可能です。

Webからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

  • お電話でのお問い合わせ

    03-5689-1219

  • FAXでのお問い合わせ

    03-5689-1222

このページの先頭へ