一般化学品材料の組成分析・構造解析

おもな試験項目

一般化学品の組成分析・構造分析

液体洗剤、溶剤、樹脂など有機一般化学品中の主成分や添加剤の調査をいたします。
(GC-MS、FPLC、LC-MS、NMR、CHN計、XRD)

混入異物分析

高分子や金属などの材質・形状を問わず、製品に付着した異物を取出して、どういった成分か調査いたします。→成分情報から、付着した原因を調べる際の有用な情報になります。
(EPMA、FT-IR、μFT-IR、SEM、XRF)

不純物元素、汚染元素分析

有機物中(紙、油、樹脂中など)や無機物中(黒鉛、石英など)の微量金属不純物の定量をいたします。(ICP-MS、ICP-AES、FLAAなど)
液体中のイオンの定量分析(IC)もいたします。

高分子材料の評価試験・組成分析・構造解析

高分子材料、フィルムなどJISで定められた引張試験、曲げ試験、アイゾット衝撃試験など各種試験や耐久性試験、耐薬品性試験、難燃性試験、吸湿性試験、成型など高分子材料の評価試験、および高分子材料の化学・物理構造解析、高分子材料中の添加剤、高分子材料のアウトガス、溶出成分など高分子組成にかかわる分析をいたします。

※( )内は使用装置

加熱脱離ガスクロマトグラフ質量分析装置
(TD-GC/MS)

全自動引張試験機

解析例

印刷インキ中の顔料の解析

XRD、熱分解GC-MS(ダブルショット法)、FD-MS(図1)、FT-IR(図2)により、C.I.Pigment Blue 15、C.I.Pigment Green36を解析した。

図1 顔料のFD-MSスペクトル

図2 顔料のFT-IRスペクトル

Get Adobe® Reader®

PDFファイルの閲覧には、Adobe® Reader®が必要です。

Webからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

  • お電話でのお問い合わせ

    03-5689-1219

  • FAXでのお問い合わせ

    03-5689-1222

このページの先頭へ