探索安全性評価

創薬初期でのin vitro探索的安全性試験サービスです。
定期的な実施、スポットでの実施等ご要望に応じたサービスが可能です。

評価項目

細胞毒性評価 初代培養ラット肝細胞を用いて被験物質曝露後の細胞生存率を測定。
ミトコンドリア毒性評価 ウシ心臓亜ミトコンドリア粒子を用い、ATP添加時のNADH産生能を測定し、
被験物質による阻害率を測定。
光毒性評価 Balb/c 3T3細胞を用い、光照射下および非照射下で被験物質を曝露させ、
各々のIC50よりPIF(Photo irritation factor)を算出。
リン脂質症評価 HepG2細胞を用い、蛍光標識リン脂質の蓄積を画像解析で数値化して評価。
in vitro小核試験 CHL/IU細胞を用い、被験物質曝露中または曝露後に誘発された小核を画像解析で
数値化して評価。

Webからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

  • お電話でのお問い合わせ

    03-5689-1219

  • FAXでのお問い合わせ

    03-5689-1222

このページの先頭へ