探索薬物動態評価

創薬初期での探索的薬物動態試験サービスです。
定期的な実施、スポットでの実施等ご要望に応じたサービスが可能です。

試験条件についてのカスタマイズに関してもご相談ください。

in vitro 評価項目

代謝安定性試験 各動物種にて残存率を算出
動物種:ヒト/ラット/マウス/イヌ/サル
反応性代謝物試験 dGSHトラッピング法GSHトラッピング法
酵素阻害試験 カクテル基質法
評価分子種:CYP1A2/2B6/2C8/2C9/2C19/2D6/3A4
酵素誘導試験 ヒト凍結肝細胞での酵素誘導能評価(活性、mRNA発現)
不死化肝細胞を用いた酵素誘導能評価
評価分子種:CYP1A2/2B6/3A4等
タンパク結合試験 平衡透析法、超遠心法、限外ろ過法
高速スクリーニング法
膜透過性試験 Caco-2 細胞、MDCKⅡ細胞
PAMPA
トランスポーター試験 P-gp親和性評価、阻害能評価(MDR1-MDCKⅡ細胞)
Caco-2細胞を用いたP-gpおよびBCRP評価
SLCトランスポーター評価試験
肝クリアランス予測 凍結肝細胞での浮遊法、単層培養法
物化性評価 溶解度・logD

in vivo 評価項目

探索的PK試験 様々な動物種の血漿中、組織内の薬物濃度をLC-MSMS法を用いて定量します。
マウス、ラットへの投与と濃度測定をパッケージにて実施することも可能です。
内因性化合物定量 様々な動物種の血漿中、組織内の内因性化合物濃度を定量します。
ステロイドホルモンや脂質、核酸、アミノ酸、ペプチド等。
バイオマーカー探索や毒性、薬効評価にお使いいただけます。

Webからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

  • お電話でのお問い合わせ

    03-5689-1219

  • FAXでのお問い合わせ

    03-5689-1222

このページの先頭へ