創薬研究支援:強制分解分取

医薬品の強制分解物の分取について、強制分解物の検索から構造解析・報告書作成まで、いずれの段階でも受託いたします。医薬品開発のスピードアップ、研究業務の効率化に有効であり、構造決定用の少量から分析用標準品に必要なまとまった量まで受託しておりますので是非ご利用ください。

SCAS分取受託システムの特長

試験計画書の作成→強制分解物の検索→強制分解条件の設定→強制分解の実施→分取の実施→分取品の取得→分取品の構造解析→試験報告書の作成

  • 1.強制分解物の検索および強制分解条件の設定は、緩衝液を移動相とするLC条件においても、LC-MS測定による構造情報を取得しながら、整合性を図り展開いたします。
  • 2.分取用の強制分解は、当社で実施いたします。
  • 3.数mgからgオーダーの強制分解物を分取いたします。
  • 4.分取品は、分取液から目的物を単離・精製して納入いたします。
  • 5.分取品の構造解析は、1種類の強制分解物だけでもお受けいたします。
  • 6.強制分解に関する試験報告書は、強制分解物の検索から強制分解物の構造解析まで、一連の結果をまとめて提出いたします。
  • 7.不純物についても分取を行い、構造解析を並行実施いたします。

Webからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

  • お電話でのお問い合わせ

    03-5689-1219

  • FAXでのお問い合わせ

    03-5689-1222

このページの先頭へ