「SUMICHIRALシリーズ」のご紹介

SUMICHIRALの特長

光学異性体分離カラム
(SUMICHIRAL OAシリーズ)

  • 光学異性体の直接分離が可能。
    カラム段数が高く優れた分離が得られる。
  • 固定相の光学活性成分の(S)型と(R)型を変えることにより溶出順序を逆転出来る(ただし、OA-4800, 4900, 5500, AGP, CBH, HSAを除く)。
    光学活性成分の殆どが、共有結合型で化学的に安定。

SUMICHIRALの種類

光学異性体の分離は、溶質と固定相との間のジアステレオメリツク相互作用(水素結合、電荷移動、配位結合等)の微少エネルギー差により起こります。下表にSUMICHIRALの種類、光学活性成分、分離モードおよび分離対象物を示しました。

SUMICHIRAL 光学活性成分 溶媒 分離対象物 逆転カラム
アミド型 OA-2000 (R)-フェニルグリシン 順相 エステル、
アミド、
カルボン酸、
アルコール、
ケトン
OA-2000S
OA-2000-I (R)-フェニルグリシン 順相 OA-2000S-I
OA-2500 (R)-1-ナフチルグリシン 逆相 OA-2500S
OA-2500-I (R)-1-ナフチルグリシン 順相 OA-2500S-I
尿素型 OA-3100 (S)-バリン 逆相 カルボン酸類
(アミノ酸のN誘導体)
OA-3100R
OA-3200 (S)-tert-ロイシン 逆相 OA-3200R
OA-3300
(R)-フェニルグリシン 逆相 OA-3300S
OA-4000 (S)-バリン、
(S)-1-(α-ナフチル)エチルアミン
順相 アミン、
アミド、
アミノアルコール、
アルコール、
エステル、
リン酸アミド
OA-4000R
OA-4100 (S)-バリン、
(R)-1-(α-ナフチル)エチルアミン
順相 OA-4100R
OA-4400 (S)-プロリン、
(S)-1-(α-ナフチル)エチルアミン
順相 OA-4400R
OA-4500 (S)-プロリン、
(R)-1-(α-ナフチル)エチルアミン
順相 OA-4500R
OA-4600 (S)-tert-ロイシン、
(S)-1-(α-ナフチル)エチルアミン
順相 OA-4600R
OA-4700
(S)-tert-ロイシン、
(R)-1-(α-ナフチル)エチルアミン
順相 OA-4700R
OA-4800 (S)-インドリン-2-カルボン酸、
(S)-1-(α-ナフチル)エチルアミン
順相
OA-4900 (S)-インドリン-2-カルボン酸、
(R)-1-(α-ナフチル)エチルアミン
順相
配位子交換型 OA-5000 (D)-ペニシラミン 逆相 アミノ酸、
オキシ酸、
アミノアルコール、
アミン、
ドーパ
OA-5000L
OA-5500 (R)-2-アミノ-1,1-ビス(2-ブトキシ-5-tert-ブチルフェニル)-3-フェニル-1-プロパノール 逆相
OA-6000 (L)-酒石酸、
(R)-1-(α-ナフチル)エチルアミン
逆相 OA-6000R
OA-6100 (L)-酒石酸、(S)-バリン、
(S)-1-(α-ナフチル)エチルアミン
逆相 OA-6100R
タンパク型 AGP α1-酸性糖タンパク 逆相 医薬品等全般
CBH セルビオハイドロラーゼ 逆相 塩基性化合物
HSA ヒト血清アルブミン 逆相 酸性化合物
  • イオン結合型、配位子交換型:コーティング型、その他:共有結合型

購入カラム選定用 SUMICHIRAL OA(無料デモカラム)をご用意しています。是非ご利用ください。
まずは総合カタログをご請求ください。

  • SUMICHIRALはSCASの商標です。

Webからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

  • お電話でのお問い合わせ

    03-5689-1219

  • FAXでのお問い合わせ

    03-5689-1222

このページの先頭へ