食品、飼料および肥料公定法認証「SUMIGRAPH NC-TRINITY」のご紹介

スミグラフNC-TRINITYは、食品をはじめ飼料、植物体、土壌などの均質性に乏しい試料を対象とした全窒素・全炭素測定装置です。
多量の試料を測定に供することができるため、農業環境研究を初め、食品や飼料中の粗たん白質測定(食品栄表示法、JAS法、日本飼料分析基準)にご活用いただけます。
試料量は、土壌で2g、食品等の有機物で約1g採取・測定できるため、試料の偏りの影響を小さくできます。
従来法のケルダール法やチューリン法に比べて安全性が高く、また作業環境・周辺地域への汚染の心配がありません。さらに、測定時間の切り替えのみで、窒素と炭素の同時測定が行えます。

NC-TRINITY フルオートタイプ

48試料がセットできるオートサンプラーを標準装備。
あらかじめ試料を秤量したボートをオートサンプラーにセットし、スタートボタンを押すだけで連続自動測定が行えます。

SUMIGRAPH NC-TRINITYの特長

公定法認証(弊社までお問い合わせください)

  • 食品表示法のたんぱく質分析(窒素定量換算法)に適合
  • 日本農林規格(JAS法)、飼料分析基準の全窒素(粗たんぱく質)分析に適合
  • 日本工業規格(JIS法)NBR分析に適合

高感度・広い測定範囲

窒素:0.003%~100%(0.03mg~200mg)、炭素:0.001%~100%(0.01mg~500mg)と広範囲で高精度の測定ができます。

簡単な試料採取・秤量

試料採取は、助燃材との混合や密封成形の必要が無く、試料をボート上に採取するだけですので極めて簡便です。さらにボートは繰り返し使用できるため、ランニングコストを低減できます。
試料を多量に反応させることができるため、感量0.1mg(試料により1または0.01mg)の天秤による秤量で十分な精度が得られます。

少ない保守、効率の良い分析

還元銅は500~800回、水分吸収剤は約2000~3000回連続使用できます。また、燃焼残渣は回収されるため、保守のために装置を停止する期間が短縮され、高い稼働率が維持できます。
循環系配管部をユニット化し、制御基板をワンボード化したため、メンテナンス性も向上しました。
また、乾式燃焼法のため廃液は発生しません。廃液処理に要する労力、費用を節減でき、効率的かつ経済的にご使用いただけます。

環境汚染の極めて少ないクリーンな測定装置です

ケルダール法のような硫酸ミストの発生が無いため、作業環境や周辺地域への汚染の心配が無く、ドラフトや除外装置などの付帯設備が不要です。
還元銅や各種吸収剤の消耗は極めて少量であり、廃棄物の発生を最小限に抑える事ができます。

装置幅、重量ともに従来モデル比約2/3へコンパクト化しました

多数の技術革新によって、従来モデルに比較して3割程度の省スペース化に成功しました。

関連製品

  大容量型 NC型 NCH型
全自動 NC-TRINITY NC-TR22 NCH-22F
半自動 NCH-22A
  • 改良のため予告なく仕様および外観を変更することがあります。予めご了承ください。
  • 旧モデルのNC‐220Fは、2015年3月31日をもって、販売を終了いたしました。
    なお装置の保守、サービスならびに部品供給は、2022年3月31日まで対応いたします。

Webからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

  • お電話でのお問い合わせ

    03-5689-1219

  • FAXでのお問い合わせ

    03-5689-1222

このページの先頭へ