「SUMIGRAPH NCH-22シリーズ」のご紹介

装置設置面積を大幅削減し、さらに、拡張性を大幅に改善いたしました。

NCH-22A セミオートタイプ

1試料ごとの自動測定装置です。
オプションのフルオートキットを増設することによりフルオートタイプへの機能アップが可能です。

NCH-22F フルオートタイプ

60試料セット可能なオートサンプラーを標準装備。あらかじめ試料を秤量したボートをオートサンプラーにセットし、スタートボタンを押すだけで連続自動測定が行えます。

SUMIGRAPH NCH-22の特長

高感度・広い測定範囲(GC/TCD法の特長)

窒素:0.01%~100%(5μg~10mg)、炭素:0.005%~100%(5μg~70mg)、水素:0.05%~100%(5μg~1mg)の広範囲で高精度の測定ができます。

簡単な試料採取・秤量(循環燃焼方式の特長)

感量0.01mgのセミミクロ天秤による秤量で十分な測定精度が得られるため、従来法に比べ秤量操作は極めて簡単です。また、ダイナミックレンジが広いため、希少な試料に対しても、ミクロ天秤を使用することによって、1mg程度の試料量で測定が可能です。
さらに、ボートは繰り返し使用できるため、ランニングコストを低減できます。

少ない保守、効率の良い分析(循環燃焼方式の特長)

還元銅は1回の充填でおよそ250回連続使用できます。また、燃焼残渣は回収されるため、保守のために装置を停止する期間が短縮され、高い稼働率が維持できます。
循環系配管部をユニット化し、制御基板をワンボード化したため、メンテナンス性が向上しました。

広い適用範囲

試料の形態は、固体液体を問いません。
また、少量しか採取できない有機合成化合物から、多量に採取する必要のある試料まで一台で測定可能です。吸収管を設置する事により、窒素・炭素同時測定あるいは窒素単独測定への切り替えが極めて簡単にできます。

検出器内蔵により大幅に小型化しました

従来検出器として用いていましたガスクロマトグラフを本体に内蔵することにより、大幅に小型化され、4割程度の省スペースを可能としました。

関連製品

  NCH型 NC型 大容量型
全自動 NCH-22F NC-TR22 NC-TRINITY
半自動 NCH-22A
  • 改良のため予告なく仕様および外観を変更することがあります。予めご了承ください。

Webからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

  • お電話でのお問い合わせ

    03-5689-1219

  • FAXでのお問い合わせ

    03-5689-1222

このページの先頭へ