分析技術情報誌

SCAS NEWS 2016-Ⅱ号(Vol.44)

SCAS NEWSは住化分析センターとお客さまを結ぶ技術広報誌です。人類と社会に私たちがどう関わっていけばよいかを探求する、ありのままの姿勢を理解していただくために発刊いたしております。

最新号のご紹介 - SCAS NEWS 2016-Ⅱ号(Vol.44)

発行日:2016年8月26日(金)
テーマ:再生医療

今号の詳細内容をPDFファイルで提供します。目次タイトル部分をクリックしてご覧ください。

  • 所属名は発行当時のものです。
  • SCAS NEWS に掲載されている情報は発行当時のものです。記載されているサービスは、既に取り扱っていない場合もございますので、ご了承ください。

目次

  • 提言
  • TALK ABOUT 21
    • ヒトiPS細胞から肝細胞への分化誘導と毒性評価系への応用

      大阪大学大学院薬学研究科分子生物学分野 教授
      国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所 
      肝細胞分化誘導プロジェクト 招へいプロジェクトリーダー 水口 裕之

      大阪大学大学院薬学研究科分子生物学分野 特任助教 高山 和雄

      ヒトiPS 細胞から分化誘導した肝細胞は,再生医療への応用のみならず,創薬過程における毒性評価系や薬効評価系への応用が期待されている。本稿では,著者らが研究開発を進めているヒトiPS 細胞から肝細胞への高効率分化誘導法,および創薬研究,特に医薬品開発研究における毒性試験へのヒトiPS 細胞由来分化誘導肝細胞の応用について,現状と課題,可能性について解説する。

  • 規制&標準化の潮流
  • SCAS FRONTIER REPORT -分析技術最前線-
    • 再生医療等製品の品質評価試験(特性解析・安全性評価試験)への取り組み

      大分ラボラトリー 藤井 清治 / 技術開発センター 泉川 健・髙橋 昭博

      国内における再生医療の臨床応用,再生医療等製品の研究開発推進の機運を受けて,周辺産業の将来市場の拡大への期待が高まっており,有効性と安全性の確保を目的とした法的枠組みの整備も同時に進められている。再生医療等製品の評価試験には,従来,低分子医薬品やバイオ医薬品に用いられてきた手法に加え再生医療等製品に対応した種々の分析手法も求められる。細胞生存率評価試験やフローサイトメーターを用いた細胞純度試験,感染性物質の存在を否定するためのマイコプラズマ否定試験やウイルス否定試験,製品中の不純物や目的外生理活性物質など,当社で実施している評価試験を紹介する。

    • 医薬品・食品等への混入異物の傾向と対策について

      大阪ラボラトリー 組成解析グループ 末広 省吾・有賀 のり子

      各種製品への異物混入は昔から見られるが,特に医薬品・食品分野においては,近年SNS(Social Networking Service)の普及により,異物が発見されるとインターネットを通じて発信される事で,瞬く間に大きな問題に発展する傾向にある。製造現場では,インライン検査装置の導入や作業員への教育徹底などの混入防止対策が進んでいるにも関わらず,根本的解決に繋がっているとは言い難い。本稿では,このような異物混入の原因や本質的課題を明らかにすると共に,被害を最小限に抑えるための要となる異物分析技術とその結果から導き出される原因究明への処方について解説する。

  • SCAS NOW -新分析技術・新分析装置紹介-
  • PICKUP! TOPICS
    • NMR を用いた当社測定サービスの紹介
  • TOPICS
    • におい分析の検出成分の拡大と高感度化
    • 非臨床アミロイドイメージング試験の受託開始
    • 北米CRO inVentiv Health 社との業務提携
  • 主な投稿論文・口頭発表等 -2015.12→2016.5-
  • 編集後記

Webからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

  • お電話でのお問い合わせ

    03-5689-1219

  • FAXでのお問い合わせ

    03-5689-1222

このページの先頭へ