分析技術情報誌

SCAS NEWS 2012-I号(Vol.35)

発行日:2012年2月27日(月)
特集:新エネルギー社会

今号の詳細内容をPDFファイルで提供します。目次タイトル部分をクリックしてご覧ください。

  • 所属名は発行当時のものです。
  • SCAS NEWS に掲載されている情報は発行当時のものです。記載されているサービスは、既に取り扱っていない場合もございますので、ご了承ください。

目次

  • 提言
  • TALK ABOUT 21
  • SCAS FRONTIER REPORTⅠ -分析技術最前線-
    • バイオマスの総合評価
      1. はじめに
      2. 分析法概要
      3. 事例紹介
      4. おわりに

      千葉事業所 平野 直子
      千葉事業所 瀬尾 千春
      大阪事業所 浅野 賢一
      大阪事業所 韋 宏
      工業支援事業部
      森川 正弘

  • SCAS FRONTIER REPORTⅡ -分析技術最前線-
    • SiCパワー半導体のプロセス評価技術
      1. はじめに
      2. SiC パワー半導体の製造プロセスと評価技術
      3. SiC パワー半導体の評価事例
      4. おわりに

      筑波事業所
      兼 技術開発センター
      中津 和弘
      電子事業部
      兼 営業本部大阪営業所
      古田 倫明

  • SCAS NOW -新分析技術・新分析装置紹介-
  • 法律ウオッチャー
  • TOPICS
    • DBS(Dried Blood Spots)法のPK・TK測定への応用
    • 有機デバイス評価サービスの強化
    • 計量関係功労者表彰受賞
    • IA-Japan からASNITE 認定を取得
  • 主な投稿論文・口頭発表等
    • 残留農薬検査の最新事情
    • (第6章)機器分析による太陽電池モジュール部材の分析・評 価方法
    • クリーンルーム空気中の短時間,高感度イオン成分評価方法の 開発
    • (第3章)バリア性の評価方法と分析実用例3大気圧イオン 化質量分析法
    • 機器分析による太陽電池モジュール構成部材の評価
    • (第7章)バイオ医薬品の承認申請のための品質試験・安定性 試験の概要とその分析技術
    • (第2章)バイオ医薬における分析法バリデーション実施とそ の根拠
    • (第2章)電池内部劣化現象と電解液/電極の分析
    • ナノ粒子材料製造環境における作業環境評価用サンプラの超微 粒子捕集性能評価
    • ナノ粒子材料製造環境における作業環境評価用サンプラの超微 粒子捕集性能評価
    • イムノクロマトグラフィーによる水中カドミウム測定の前処理 条件検討
    • 喫煙可能な飲食店における室内空気質の実態調査
    • 分析値の信頼性を確保するために
    • 作業環境測定- 酸化プロピレン測定条件の検討-
    • 電子部品・部材からのアウトガス発生要因と測定・評価技術
    • ESR法を用いた有機FET中の不純物分析とデバイス特性への 影響
    • ESRの異方性を利用した多結晶OFETの結晶内- 結晶間のキャ リア運動性の分離測定
    • FI-ESR法によるDNTT薄膜トランジスタの微量不純物分析
    • 有機薄膜トランジスタにおける微結晶内- 微結晶間キャリヤダ イナミクスの分離Ⅱ
    • キャピラリー電気泳動- 質量分析計による空気中の塩基性ガス の分析
    • API-MSを用いた高感度水蒸気透過度測定技術
    • 電子スピン共鳴法による有機半導体薄膜中の微量不純物分析
    • 危険性評価試験の動向~各種試験のご案内~
    • 危険性評価試験の動向~各種試験のご案内~
    • 接着剤の分析技術
    • 「水素脆化研究の基盤構築」研究会Aグループ中間報告:水素 添加法と水素状態分析ラウンドロビンテスト
    • リチウムイオン電池における電極・電解液の分析と劣化解析
    • 粉末X線構造解析によるベイポクロミック有機結晶の変色メカ ニズムの解析
    • リチウムイオン電池における各種部材の分析評価 -FE-SEM, FE-EPMAで電池構造を探る-
    • 食品中の全窒素測定の基礎と最新技術「燃焼法」のご紹介
    • NEDOマイクロドーズプロジェクト
    • 電場型フーリエ変換質量分析計Exactiveデモ分析報告 - 定 性/定量分野の開拓-
    • 電場型フーリエ変換質量分析計Exactiveデモ分析報告 - 定 性/定量分野の開拓-
    • 試験計画書の調査
    • ①ヒト肝細胞スフェロイド培養法を用いた反応性代謝物アシル グルクロニドあるいはミトコンドリアDNAポリメラーゼγ阻害 剤による肝障害の検出*1,*2 /②肝毒性評価におけるヒト肝細 胞スフェロイド培養法の有用性検討(1) *1 /③肝毒性評価に おけるヒト肝細胞スフェロイド培養法の有用性検討(2) *2 / ④代謝物予測におけるヒト肝細胞スフェロイド培養系の有用性 検討*1,*2
    • パネルディスカッション「日本のバイオアナリシスの現状と今 後の展望」-CROの事例紹介-
    • 高分解能質量分析計による新たな医薬品開発支援サービスへの 応用
    • 申請をふまえたバイオ(抗体)医薬品の免疫原性評価法
    • 副作用研究におけるヒト肝細胞スフェロイドの利用
    • 初心者のための基礎から学ぶ分析法バリデーション
    • バイオ/抗体医薬品の品質評価:ELISA法/及び細胞バイオ アッセイを利用した力価試験
    • ヒトP450遺伝子組換え酵母を用いた代謝物生合成
    • 関連ガイドラインの理解とパラメータ設定のポイント
    • Assay platforms for biomarkers in drug discovery and development
    • キャピラリー電気泳動法のバイオ/抗体医薬品分析への応用- 特性解析から品質試験まで-
    • ① PP-02 Quality assurance for the fi nal report-making process ‒ How should we audit the fi nal report without falling into QC review? - ( Shigeru Johki, Astellas Pharma lnc., JSQA GLP Division, Study Group1, Subgroup 1, Team D*1)/② PP-03 Handling of e-data obtained from instruments for quantitative analysis (Tsutomu Kimura, Daiichi Sankyo Co., LTD., JSQA GLP Division, Study Group 1, Subgroup 4, Team A*1)/③ PP-19 Improvement quality of submission documents in Japan - CMC, ADME, Pharmacology studies ‒ (Hidemitsu Matsunaga, Maruishi Pharmaceutical Co., Ltd., JSQA GLP Division, Study Group 2, Subgroup 1 & 2, Team 3*2)/④ PP-20 The introductions and analyses of document-based inspection results on CMC, ADME and pharmacology studies. (Mitsuru  Terajima, Kyowa Hakko Kirin Co., Ltd., JSQA GLP Division, Study Group 2, Subgroup 1 & 2, Team 3*2)/ ⑤ PP-06 The appropriate operation controls throughout its life cycle of the system. - The suggestion of the operational activity of a computerized system after the release ‒ (Tadahiro Yoshiyama, Chugai Pharmaceutical Co., Ltd., JSQA GLP Division, Study Group 3, Subgroup 1*3)
    • 精密質量測定によるニフェジピンの代謝物検索
    • 抗体/バイオ医薬品の各種分析法とバリデーション- 第3部:ECL法及びSPR法による抗体価測定と免疫原性評価法
    • 化学品による土壌汚染とその管理対策への提言
    • リチウムイオン二次電池構成部材の劣化解析と評価
    • ラマンイメージングの材料分析への応用
    • ラマンイメージングの材料分析への応用
    • XPSによる有機材料表面の評価
    • 検査分析業の実態と当社アクティビィティのご紹介
  • 随筆
  • 編集後記

Get Adobe® Reader®

PDFファイルの閲覧には、Adobe® Reader®が必要です。

Webからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

  • お電話でのお問い合わせ

    03-5689-1219

  • FAXでのお問い合わせ

    03-5689-1222

このページの先頭へ