分析技術情報誌

SCAS NEWS 2017-Ⅰ号(Vol.45)

SCAS NEWSは住化分析センターとお客さまを結ぶ技術広報誌です。人類と社会に私たちがどう関わっていけばよいかを探求する、ありのままの姿勢を理解していただくために発刊いたしております。

最新号のご紹介 - SCAS NEWS 2017-Ⅰ号(Vol.45)

発行日:2017年2月27日(月)
テーマ:材料・デバイス開発に貢献する最新分析・評価技術

今号の詳細内容をPDFファイルで提供します。目次タイトル部分をクリックしてご覧ください。

  • 所属名は発行当時のものです。
  • SCAS NEWS に掲載されている情報は発行当時のものです。開発中の技術も含んでおりますので、ご了承ください。

目次

  • 提言
    • ナノ計測を基盤とした材料設計

      東京大学大学院 工学系研究科総合研究機構 教授・ナノ工学研究センター長
      財団法人ファインセラミックスセンターナノ構造研究所 主管研究員
      東北大学原子分子材料科学高等研究機構 教授 幾原 雄一

  • TALK ABOUT 21
    • レーザーアブレーション誘導結合プラズマ 質量分析法による固体試料の分析

      中央大学 理工学部応用化学科 環境化学研究室 教授 理学博士 古田 直紀

      固体試料を直接分析する方法として,LA-ICPMSが広く用いられている。しかし,LA-ICPMSでは,アブレーションセルの中及びICP中で元素分別効果が起こるため,マトリックスの似た標準物質が必要となる。元素分別効果を解決する方法として,液中レーザーアブレーション法(LAL法)を提案した。試料を水の中に入れ,水を通してレーザーを照射し,生成されるアブレート粒子を全て水に捕集する。その後,捕集したアブレート粒子を酸分解して,標準溶液を用いたICPMSで測定する。
      LAL-ICPMSを,酸分解できない単結晶SiCの表面分析に応用した。

  • SCAS FRONTIER REPORT -分析技術最前線-
    • 原子分解能分析電子顕微鏡による SiC パワー半導体の界面構造評価

      筑波ラボラトリー 真家 信・松尾 祥史

      省エネルギー効果をもたらすパワー半導体への期待は近年益々大きくなっている。現在,従来のSiからより高性能なSiCへの移行が進んでいるが,一方で製造プロセスにおいてSiC特有の諸問題が生じており,特に性能を大きく左右するゲート酸化膜SiO2 / SiC界面制御が大きな課題となっている。デバイスメーカーでは性能向上に向けた界面制御が種々検討されており,製造プロセス最適化のための精密な界面構造把握が求められている。本稿では,当社に新しく導入した原子分解能分析電子顕微鏡を用いた原子レベルでの界面構造評価事例について紹介する。

    • 車載用各種材料の熱物性評価

      千葉ラボラトリー 雫石 拓也

      自動車産業における各種材料(電子機器,機能性材料)は,製品の長寿命化と信頼性の向上を実現するために,熱マネジメント(熱対策)が重要な課題とされている。
      本稿では,各種熱分析技術の中から,熱マネジメントにおける主要な熱物性である“熱伝導率(放熱材料の異方性評価)”と“熱膨張・熱応力(FRPの異方性評価)”の評価技術,ならびに熱分析の複合化による高精度な熱伝導率解析技術(熱伝導率解析の熱膨張補正)について紹介する。

    • 有機エレクトロニクスのための高感度高精度水蒸気透過度測定技術の開発
      - API-MS 法の性能評価および封止性評価技術 -

      筑波ラボラトリー 兼 技術開発センター 大図 佳子 / 筑波ラボラトリー 高萩 寿

      フレキシブル有機エレクトロニクスデバイスは,周辺部材から侵入する水蒸気による性能劣化の抑制が課題の一つとされている。現状の対策として,周辺部材の水蒸気透過性を低減する研究開発が活発化しているが,その目標に対して計測器の性能が追従できておらず研究開発のボトルネックとなっていた。この問題に対して当社は,新規の水蒸気透過度測定方法であるAPI-MS法(大気圧イオン化質量分析法)を開発し,フレキシブル基板および接着剤の評価法を確立した。また,CEREBA(次世代化学材料評価技術研究組合)にて,API-MS法における定量精度および接着剤の封止性評価法の時間的解析データを検証し,それぞれ高い信頼性を示す事ができた。さらに,本法の有効性が認められ,日本製の高感度高精度ガス透過試験装置を用いた水蒸気透過度試験法として初めてISOに登録された。

  • SCAS NOW - 新分析技術・新分析装置紹介 -
  • TOPICS
    • GC × GC-TOFMSによる多成分混合系試料の詳細解析
    • グローバルサービスの充実
    • 千葉県環境計量協会創立40周年記念式典 功労者表彰
    • 中国におけるバイオアナリシス支援サービスに関するお知らせ
    • 日本分析化学会 2016年度有功賞授賞
  • 主な投稿論文・口頭発表等 -2016.6→2016.11-
  • PICKUP! TOPICS
    • 宇宙航空研究開発機構(JAXA)様から感謝状を授与
    • 蓄電池解析拠点の集約とソリューションビジネスの推進について
  • 編集後記

Webからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

  • お電話でのお問い合わせ

    03-5689-1219

  • FAXでのお問い合わせ

    03-5689-1222

このページの先頭へ