ISO/IEC17025とは

  1. 国際的な試験所認定制度(ISO/IEC17025(JISQ17025))は、校正機関や試験所が特定の校正や試験を実施する能力があることを権威ある機関が認定する制度です。
    当社千葉ラボラトリーは平成11年2月に、通産大臣(JNLA)から分析サービス業として最初に認定を受けました。また平成11年7月には日本化学試験所認定機構(JCLA)から環境分野で認定を受けました。さらに平成12年4月には愛媛ラボラトリーもJCLAから環境分野で認定を受けました。[ 両ラボラトリーともに、平成22年10月からは(独)製品評価技術基盤機構(ASNITE)に移行。]
    なお、ISO/IEC17025は1999年(平成11年)12月にISO/IECガイド25(JISZ9325)の後継規格として発行されました。
  2. ISO9001では、ラボラトリー全体の品質システムが認証登録されますが、製品の品質そのものを保証することはありません。分析サービス業で言えば、試験所全体の品質システムを認証しますが、分析試験結果(試験報告書)の品質を保証するものではありません。
    これに対してISO/IEC17025は分析試験結果の品質を保証するものです。そのためISO/IEC17025では、認定範囲がラボラトリー全体ではなく、一つの試験対象物質とそれに対応する特定の分析試験法、例えば高分子材料の引っ張り試験、酢ビ製品に関するガスクロマト分析というように、製品と試験法の組み合わせの一つ一つが審査され、認定が与えられるものです。
    すなわち、ISO/IEC17025は特定の試験方法を実施する技術的な能力があることを権威ある第三者が認定する制度です。しかも毎年定期的に品質システムと技術管理の審査を受け、問題があれば認定を取り消されます。
    当社の製品である試験報告書に記載されているデータの信頼性が高いと言う保証を求めてISO/IEC17025の認定を取得しました。

Webからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

  • お電話でのお問い合わせ

    03-5689-1219

  • FAXでのお問い合わせ

    03-5689-1222

このページの先頭へ